一般違反行為

一般違反行為とは、座席ベルト装着義務違反やスピード違反などで、自動車を運転している際に警察から停止を求められて反則告知を受けるものがほとんどです。
違反行為にも種類があり、反則金を納める必要がある違反と点数だけが加算される違反があります。
点数だけが加算される違反は白切符を作成されます。
主な違反は座席ベルト装着義務違反や乗車用ヘルメット着用義務違反や初心運転者標識表示義務違反などがあります。
白切符の違反点数は1点が加算されるのですが、酒気帯び0.15以上0.25未満の場合は14点が加算されるので免許停止処分を受けます。
反則金を納める必要がある違反は青切符が作成されます。
主な違反は速度超過違反や放置駐車違反や指定場所一時不停止等があります。
速度超過違反は20キロ未満が1点・20キロから25キロ未満が2点・25キロから30キロ未満が3点加算されます。
30キロ以上の場合は6点加算されることになるので、赤切符を作成されることになり、免許停止処分になります。
放置駐車違反は2点加算され、指定場所一時不停止等も2点加算されます。
青切符の違反でも酒気帯び0.15以上0.25未満の場合には14点が加算されるので免許停止処分を受けます。

コメントは受け付けていません。