免許取り消しや停止になるケース

運転免許を保有している運転者に免許取り消しと免許停止の処分がくだるケースの殆どは、違反点数が一定の基準を満たすまでに累積されるケースです。日本では、交通事故や交通違反をおこなった運転者に対して、その違反の内容に応じた点数を加点していき、一定の基準に達した者に免許の取り消しや停止の行政処分を行う制度が運用されています。基準となる点数は過去3年間で行政処分を受けた回数によって異なります。例えば、過去に行政処分を受けたことがない一般の運転者は、累積点数が6点以上になった場合に30日以上の免許停止処分が出て、15点以上になった場合に免許が取り消されます。しかし、行政処分を1回だけ受けたことがある運転者は基準が厳しくなり、累積点数が4点以上になった場合に60日以上の免許停止となり、10点以上になったら免許が取り消されます。
一方で、点数制度に関係なく免許の取り消しや停止の処分がでる場合もあります。これに該当するケースとしては、道路外での車両の運転で人を死亡させたり怪我を負わせた場合、重大な交通違反となる運転を他人に働きかけたり、そうせざるを得ない状況に追い込んだ場合、他人が重大な交通違反となる運転をするのを助けた場合、将来的に車の運転によって重大な事故を起こすおそれがある者だと判断された場合などが挙げられます。

コメントは受け付けていません。